米穀流通

夏の早場米、秋の普通作時期における主食用米・飼料用米・加工用米の集荷を行っております。
農林水産省より農産物検査員の資格をうけた弊社社員(3名)が、地元農家様より集荷した玄米を責任もって検査し、一般消費者の皆様の元へとつなげています。

一貫体制

平成24年から苗づくりも開始し、苗づくりから刈り入れ、集荷・検査まで一貫した生産体制を確立。
安定した米づくりを目指しています。

管理へのこだわり

長年お米の集荷業を通してつながってきた信頼できる農家様にも、お米づくりをしていただいています。集荷した飼料用米は弊社関連会社の低温倉庫にて温度(15℃以下)、湿度(65%前後)で保管。
安心・安全に管理し、定期的に飼料工場へ配送しています。

新しい農業へチャレンジ

働き方改革の一環として、最先端の機械も導入し、未来の農業へチャレンジし続けます!!

平成30年度 米集荷実績

主食用米 47,564袋 / 30kg(早期:15,912袋、普通期:29,204袋)
加工用米 9,994袋 / 30kg
飼料用米 424,741kg
合計 2,151,481kg